夢街道~自然と文化を感じて遊ぼう~

山歩きと走ることを楽しみながら、健康で平和な日々を願う 鈍足ランナーのブログです。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2006.07.31[月] 夜叉ヶ池伝説マラニック⑦

鳥居
7/23(日)3:00 第2ステージ・交流センターをスタート

5:50 夜叉竜神社鳥居。夜叉ヶ池は霧で隠れています。

舗装された林道の終点にはエイドがあります。
ここから登山道に入り、夜叉ヶ池を目指します。


スポンサーサイト

2006.07.29[土] 夜叉ヶ池伝説マラニック⑥

R303土砂崩れ
藤橋村に入ったあたり、国道303号線の土砂崩れ現場。
ミニユンボが、崩れた斜面から落下しそうになっていました。


2006.07.28[金] 夜叉ヶ池伝説マラニック⑤

揖斐川
粕川大橋から揖斐川上流を眺める。
ここから、遊らんど(道中祭会場)を目指します。


2006.07.27[木] 夜叉ヶ池伝説マラニック④

池田山7
スペシャルコース「池田山」山頂展望台からの眺め。

スペシャルコースは昨年から始まり、今年で2回目です。
参加者は昨年が35名、今年は52名でした。(参加者名簿より)

1日目が通常コース(45.1km)と比べ、池田山への登頂があり
距離が10km程度(53.8m)長くなっています。

しかし、山道は涼しく展望も楽しめます。
山のエイドも2箇所設置されていました。
おにぎりや凍らせたドリンクなどを美味しくいただきました。


2006.07.26[水] 夜叉ヶ池伝説マラニック③

池田山2
スペシャルコースは、霞間ヶ渓から池田山への登山道に入ります。
ヒルに襲われないよう、923.9mの頂上を目指します。


2006.07.26[水] 大峰奥駈道・南部⑦

涅槃岳1
地蔵岳を下りながら、涅槃(ねはん)岳を目指す。

修験道では大峰山脈を金剛界(こんごうかい)、
胎蔵界(たいぞうかい)の曼荼羅(まんだら)に
なぞらえているそうです。

山の名前が佛教に関係しているのも、
そのあたりの影響があるのでしょう。

南から北に向かうのを順峰(じゅんぷ)、
北から南に向かうのを逆峰(ぎゃくぶ)
と称されるそうです。


2006.07.25[火] 夜叉ヶ池伝説マラニック②

夜叉スタート
7/22(土)9:30 神戸町役場スタート(スペシャルコース)


2006.07.24[月] 夜叉ヶ池伝説マラニック①

夜叉ヶ池1

この大会は1300年続く、”雨乞い伝説”の道程を、
先人を偲びながら自らの足で追体験する事を目的とし、
伝説発祥の地、安八郡神戸町(ごうどちょう)より
竜神が棲むという山上の池、夜叉ヶ池(標高1105m)までの
往復(約130km)をマラニック(マラソン+ピクニック)
にて踏破するものである。
(マラニック実行委員会・募集要項の大会趣旨より)


2006.07.21[金] 大峰奥駈道・南部⑥

地蔵岳1
地蔵岳を望む。

南奥駈道は30年ほど前までは荒れ果てていました。
そこで、「新宮山彦ぐるーぷ」の皆さんにより
昭和59年6月から、道の刈り拓きが始まったとのことです。

千日回峰行になぞらえて、「千日刈峰行」と名づけ
登山道を整備し復活させたとのことです。

途中”第○○次千日刈峰行”と書いた札が、いくつもありました。
笹が刈ってあり、倒木処理や枝払いもしてありました。
おかげで楽しく歩くことができました。
ありがとうございました。


2006.07.21[金] 大峰奥駈道・南部⑤

バイケイソウ
バイケイソウ(ユリ科)
昨年の奥駈道・北部では、たくさん咲いていたのですが
今年の南部では、あまり見かけませんでした。


2006.07.20[木] 大峰奥駈道・南部④

太古の辻1
7/16(日)4:00 小仲坊(宿坊)を出発。
暗闇で道を少し間違えながら、石積みが残る五鬼の住居跡を通過。
岩の転がる沢を2回渡り、急坂を登って行きます。
木の階段が終るあたりに「二つ石」がありました。
空がだんだんと明るくなってきました。


2006.07.19[水] 大峰奥駈道・南部③

前鬼1
大峯奥駈修行は、今から約1300年前に
役小角(えんの おづね=役行者)によって始められました。

前鬼は峯中75靡(なびき)と呼ばれる修行場の中で、
ほぼ中間点の29番目の靡です。 

その昔、役小角が修験者たちの道案内や食料供給のため
前鬼(ぜんき)と後鬼(ごき)という夫婦の鬼に託した
とあります。

前鬼という名前の由来は、彼らが住み着いたところから
きています。


2006.07.18[火] 大峰奥駈道・南部②

前鬼川2

前鬼川の清流に沿い、右岸に林道が続く。

岩に吊橋の影が写っていますが、崩落して渡れません。
昨年は横ちゃん、てっちゃんと一緒に水遊びしたところです。



2006.07.18[火] 大峰奥駈道・南部①

前鬼口1

大峰山脈は、紀伊半島の中央部(東寄り)を南北に縦断しています。
奈良県・吉野から和歌山県・熊野まで達します。

その縦走路は「奥駈道」と呼ばれ、修験道の根本道場と言われ
1300年の歴史を持つ険しい山岳古道です。

行者達のために75箇所の霊場があり、俗に大峰七十五靡(なびき)
と呼ばれているそうです。

この奥駈道を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が
2004年7月世界遺産登録されました。>


2006.07.17[月] ただいま~!

熊野本宮大社1
大峰奥駈道・南部編から無事帰りました。

心配していた天候は、3日間晴れ時々曇りでした。
南部は、北部と比べ想像していた以上の厳しいコースでした。
参加者は9名(横兄さんは先に帰ったので、写っていません。)
レポート&写真は明日から掲載します。


2006.07.15[土] 行ってきま~す。

おはようございます。
今朝の大阪市は晴れです。
日中の最高気温も34度くらいまで上がるようです。
(ちなみに昨日の最高気温は35度超。チョー暑い!)

きょうから3日間、日本100マイルクラブ主催の
「トレイル大峰奥駈道・南部編」です。
今年で3回目になりますが、太古の辻から南部は初めてです。

きょうは前鬼までの移動して泊まるだけなので、
電車とバスに乗る時間が多く、走る距離は10km程度です。

天気予報では、明日は曇りで明後日は雨のようです。
山岳になるので、荷物が増えますが安全のため
ザックにカッパ(レインウエア)も入れました。
普通のマラニックならビニールのポンチョで十分ですが、
山では天候の急変がありますし、雨以外でも役立ちます。

それでは行ってきます。

2006.07.14[金] 熱帯夜

夕暮れ7/12
写真は朝のような感じですが、7/12の夕暮れです。

昨日(7/13)の最高気温は33℃くらい。
夜になっても26~27℃で寝苦しい夜です。

我が家はエアコン、扇風機を使わないので
毎晩汗だくで寝ています。

電車やバス、それに会社は過剰冷房です。
チーム・マイナス6%やってるってホントかな?

明日15日から17日まで、大峰奥駈道(南部編)に行って来ます。
太古の辻~熊野本宮大社まで山岳を約50kmの行程です。

ブログは2日間お休み。残念ながら連続更新記録は中断です。
お休み中、よろしかったら適当にコメント入れて下さい。


2006.07.13[木] 中之島

中之島4
大阪市北区中之島のビルから大阪駅(梅田)方面を眺める。
高層ビルが林立している。


2006.07.12[水] コンビニ

sora7/4a
ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス
3社が業務提携。

規模拡大による効果で、
1位のセブンイレブンやスーパーなどに対抗する。

2006.07.11[火] 肥後橋

肥後橋1
大阪市の土佐堀川に架かる「肥後橋」(錦橋から撮影)
四ツ橋筋に車が走る。
向かって右は大阪方面。左は難波方面になります。


2006.07.10[月] 頂点

大同生命ビル1
大阪市・肥後橋にある大同生命ビル


2006.07.09[日] 夕暮れ

夕暮れ7/9a
きょうは台風3号が近づいていましたが、
天気は曇りのち晴れ。
暑い1日でした。


夕暮れ7/9b
夕方の青空がきれいで、写真を撮りたくなりました。


2006.07.09[日] 成長

ミニトマト7/8a
ベランダのミニトマトが成長してきました。

上部の緑が濃くなってきました。


2006.07.08[土] 名前の由来

ジャガイモ

ジャガイモ(馬鈴薯)ナス科ナス属の植物。
英名:potato、学名:Solanum tuberosum L.

南米アンデス山脈の高地が原産といわれる。
日本には、1600年ごろにオランダ船により
ジャカルタ港より運ばれたそうです。
そこで「ジャガタライモ」と呼ばれたことに起因
→「ジャガイモ」となったそうです。

2006.07.07[金] 七夕

笹1

笹の葉さ~らさら のきばに揺れる♪


2006.07.07[金] アバガンザス

アバガンザス
アバガンサス
ユリ科 別名:紫君子蘭
アフリカ原産で、寒さに少し弱いとのことです。

アッシーさん&てっちゃんへ
Helloさんに教えてもらい、花の名前がやっとわかりました。


2006.07.06[木] 

sora7/4a
空から降ってくるもの

雨、霰、雹、霙、雪

そして北朝鮮のミサイル


2006.07.05[水] ふくらむ

ミニトマト7/4a
ベランダのミニトマト。

期待に胸がふくらむ

不安で胸が張り裂けそう

きょうの気持ちはどちらだろう


2006.07.05[水] 信貴山~生駒山縦走マラニック⑧

シモツケ
シモツケ(下野)バラ科 学名:Spiraea japonica

下野の国(栃木県)に多いからということでこの名前になったらしい。


2006.07.04[火] 信貴山~生駒山縦走マラニック⑦

ほしだ園地1
でっかいキノコ。大西おじさんの手よりでかい。


カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
プロフィール

ぴかいち(trail49)

Author:ぴかいち(trail49)
大阪のサラリーマンです。
・ゆっくりランナー&
 あるきにすと
・デジカメは古くても新鮮
 な情報をお届けします。
 
何事に対しても初心と
感謝の心を忘れずに
続けていきたいものです。
ブログ誕生から6年

4月は「うづき」【卯月】
十二支の卯の月。
ナエウエヅキ(苗植月)
陰暦四月の異称。
うのはなづき。

May 4th,2006
Panasonic
LUMIX DMC-FX9

Oct 8th,2010
Canon
IXY DIGITAL 930IS

カウンター
月別アーカイブ
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。